「美肌の鍵」肌フローラとは?肌菌バランスを整え、トラブルが少ない肌へ

スキンケア スキンケア

みなさんは肌フローラとは何かご存知でしょうか?

  • いつまでも治らない大人ニキビ
  • 乾燥で目元や口元がカサカサ
  • 肌がくすんで見える
  • ベタつきが気になって過度な洗顔をしてしまう

このようなお悩みは肌フローラが乱れていることが原因かもしれません。

肌フローラとは

私たちのお肌には1兆以上の常在菌が住んでいて、その菌の集団のことを「肌フローラ」と呼びます。肌菌バランスが良い状態のお肌を顕微鏡で見ると、常在菌の集団がお花畑のように見えることから「肌フローラ」と呼ばれるようになりました。

肌菌バランスが悪いと、綺麗なお花畑になっておらず
「肌フローラ」が乱れている状態=肌トラブルを引き起こすのです 。

肌菌の種類って?

肌菌には大きく分けて3つの種類があります。

  • 善玉菌:肌にとっていい働きをしてくれる菌
  • 悪玉菌:肌トラブルを引き起こす要因となる菌
  • 日和見菌:善玉菌・悪玉菌のバランスに左右され、良くも悪くもなる菌

理想的な肌菌バランスは、善玉菌が多くなること。
悪玉菌が増殖すると、肌トラブルが多くなり老けみえの肌に…

日和見菌が善悪どちらにでも変身可能なので、いかに善に変身させるのかが鍵なのです!
肌菌バランスが整うことで、肌フローラも整います。

肌菌バランスを表した図

この善玉菌ですが、何もケアをしていないと、加齢によりどんどん減少していきます。また、不摂生を繰り返していると、善玉菌の減少がさらに加速してしまうのです。

年齢による善玉菌数の推移

「善玉菌」を育てることが大切?

肌菌バランスの良い肌を目指すには、善玉菌を育てることが大切です。

善玉菌は人の皮膚の脂肪を食べて、お肌の弱酸性を保つ「酸性物質」潤い成分「グリセリンを生み出します。この効果がしっかり発揮されると、プルプルのお肌を保つことができるのです。

肌フローラを整えるためにできること

肌フローラが整った美しい肌を目指すために、今日から取り組めることをご紹介いたします。

善玉菌の働きをサポートするスキンケア製品を取り入れる

善玉菌と相性がいい成分として、「ラ・フローラEC-12」という乳酸菌が挙げられます。この乳酸菌は善玉菌をサポートして、肌菌バランスを整える手助けをしてくれます。

この「ラ・フローラEC-12」が配合されているスキンケア製品を使用することで、肌菌バランスをより整えやすくしてくれます。

こちらの記事で、美肌菌を育てる乳酸菌についてまとめています。

Object moved

過度な洗顔を避ける

朝夜の両方、洗顔料を使用している方が多いのではないでしょうか?
朝に洗顔料で洗顔すると、寝ている間に分泌された皮脂を過剰に洗い流してしまいます。

善玉菌は皮脂を食べて潤い成分を生み出すので、餌となる皮脂が流されてしまうと善玉菌が育ちにくくなってしまうのです。
洗顔料は夜のみ使用して、朝はぬるま湯のみで優しく洗顔にしてください。

メイクをしている時間を短くし、綺麗に落とす

メイクがしっかり落ちていなかったり、メイクをしたまま寝てしまうと、肌に雑菌が繁殖して、肌に悪影響を与える菌「悪玉菌」が増える原因になります。

帰宅後は、早めにしっかりとメイクを落としましょう。

週1で肌断食

メイク落としはお肌にストレスを与えています。

週に最低1回はメイク落としを使わない=メイクをしない日」を作り、善玉菌を育ててあげましょう。

体質的に洗顔しないと皮脂の分泌が多くベタつくというかたは、気になる部分だけ洗顔するなどして調整し、清潔な肌を保ちましょう。

肌フローラを整えて美しい肌へ

普段何気なく行なっている生活習慣が、肌フローラを崩す原因の場合があります。

このようなスキンケアを毎日の生活に取り入れて、トラブルが少ない肌を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました