【夏の肌トラブル】冷房でお肌の乾燥が加速する!?取り入れたい対策とは

冷房が快適な女性 スキンケア

オフィスや通勤で利用する電車や車、休憩に入ったカフェなど
夏は至る所で冷房が効いていますよね。

夏には欠かせない冷房ですが、快適な涼しさと切り離せないのが『お肌の乾燥』です。

今回は、夏ならではの冷房による乾燥についてと、
保湿のケアのポイントについてご紹介いたします。

冷房を使うとなぜお肌が乾燥するの?

冷房で肌が乾燥する原因は、主に2つあります。

部屋の温度・湿度が低い

冷房が寒い女性

空気には、溜め込める水分量が決まっています。
温かい空気は、溜め込める水分量が多く、冷たい空気は溜め込める水分が少なくなります。

冷たい空気の方が「同じ湿度でも乾燥している」のです。

エアコンの室外機を思い浮かべてください。
夏に冷房を使用すると室外機から水が排出されていますよね。

冷房は外からの空気を冷やして室内に送り込んでいるため、冷やした際に発生した水分は外に排出されているのです。エアコンの空気は、乾燥している冷たい空気を送り込んでいるのです。

お肌が風にさらされる

濡れている洗濯物などに風を当てると早く乾くのはみなさんご存知ですよね。
お肌も同様、風に当たると乾燥が加速してしまいます。

冷房によるお肌の乾燥を防ぐには!

エアコンの温度を調整している

冷房によるお肌の乾燥を防ぐ方法をご紹介します。

設定温度を少し高めにする

冷房の設定温度を少し上げることで、空気に溜め込める水分量が多くなります。
省エネにもつながります!

冷房の風が直接当たらないようにする

冷房の風量や風速はできるだけ抑えて、肌に直接風を当てない様に風向きをコントールして、肌を乾燥から防ぐことが大切です。

部屋を加湿する

冷房が効いた室内の湿度は、約1時間で40%まで下がると言われています。
お肌を乾燥させないためには、室内の湿度を65%前後に保つ様にしましょう。

こまめなお肌の保湿ケアも大切!

保湿をする女性

冷房の風向きや温度設定、加湿器の利用などももちろん大切ですが、
日頃からの保湿ケアももちろん大切です。

素肌力を高めるポイントや乾燥対策についてこちらの記事で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました