自分の”肌タイプ”をご存知ですか?肌の状態を診断して肌タイプ別スキンケアを

スキンケアをする女性 スキンケア

自分の「肌タイプ」ご存知ですか?肌質は生まれつき、人それぞれ違いますが、年齢、生活習慣やお手入れによっても変化していきます。

4つの肌タイプがあり、一番肌トラブルが少ないのが普通肌ですが、他の肌タイプでもしっかりケアすれば普通肌に近づくことができます。

「肌タイプチェック診断」で、今の自分の肌の状態をしっかり把握して、肌タイプ別のスキンケアを実践していきましょう。

肌タイプチェック診断

自分の肌状態で当てはまるところに、チェックを入れいきましょう。

肌タイプA

目元、口元の乾燥が気にならない
ニキビができない
額がテカらない
両頬に手のひらがつく

Aが多かった方はこちら>

肌タイプB

ニキビ、吹き出物ができやすい
毛穴の開きが気になる
洗顔後しばらくするとTゾーンがテカる
両頬に手のひらがつき、ベタつく

Bが多かった方はこちら>

肌タイプC

目元、口元の乾燥が気になる
洗顔後に肌がつっぱる
肌トラブルが起きやすい
両頬に手のひらがつかない

Cが多かった方はこちら>

肌タイプD

Tゾーンが脂っぽく、
 Uゾーンがカサカサと感じる
メイク後Tゾーンは脂が浮く、テカる
メイク後Uゾーンは乾燥している
ニキビや吹き出物ができやすい

Dが多かった方はこちら>

あなたはどのタイプに一番チェックが付きましたか?
一番、チェックが多かったタイプを「あなたの肌タイプは?」で確認してくださいね!

それでは、肌タイプをご紹介いたします!

あなたの肌タイプは?肌タイプ別スキンケアポイントもご紹介

【A】が多かったあなたの肌タイプは、普通肌(ノーマル肌)

水分量、皮脂量のバランスがとれ、潤い・キメ・ハリが整った理想的な肌状態を言います。

ニキビや肌荒れなども起きづらいですが、油断は大敵でスキンケアをおろそかにすると肌はすぐに乾燥しやすくなるため、注意が必要です。

スキンケアのポイント!

過度なお手入れは必要ありませんが、季節にあったスキンケアをしましょう。

特に乾燥しやすい時期はクリームなどを使い油分で保湿を心がけましょう。

【B】が多かったあなたの肌タイプは、脂性肌(オイリー肌)

油分が多い肌質でニキビや肌トラブルが起きやすいのが特徴です。特にTゾーンが脂っぽく、触るとベタつきます。脂性肌は年齢や季節、遺伝的要因が考えられます。正しいスキンケアで水分量、皮脂量のバランスを保ちましょう。

スキンケアのポイント!

皮脂を取り除こうと洗浄力の高いクレンジングを使ったりゴシゴシ洗ったりするのはNG。

必要な皮脂を残したまま洗える、ミルククレンジングがオススメです。

【C】が多かったあなたの肌タイプは、乾燥肌(ドライ肌)

日本人に一番多いと言われているのが乾燥肌で、肌の水分や皮脂が不足し潤いがなくなっている肌状態を言います。保湿機能だけでなくバリア機能も低下しているため、少しの刺激でも敏感になり、悪化すると敏感肌になる恐れがあります。

スキンケアのポイント!

洗顔は余分な皮脂を取りすぎないよう、熱いお湯で洗ったりゴシゴシ擦ることは避け、洗顔後や入浴後は速やかに保湿力の高い化粧水などでケアしましょう。

【D】が多かったあなたの肌タイプは、混合肌(部分的に肌タイプが異なる)

Tゾーンが脂っぽく、Uゾーンがカサカサと感じるようなケース。

化粧後、しばらくすると顔の中心部のTゾーンは脂が浮く、テカるなどの化粧崩れが起きるのに両頬と顎を結ぶUゾーンは乾燥しているという相矛盾するトラブルが起きます。

スキンケアのポイント!

Tゾーンは皮脂過剰なので、丁寧に洗顔をして皮脂性向けの化粧水や美容液で皮脂抑制のケアとパックを。Uゾーンは乾燥しやすいので保湿ケアを重視。

肌タイプ別スキンケアで美肌をキープ

クリームを出している女性

肌トラブルの少ない普通肌に近づくことで、普段のメイクの仕上がりも違ってきます。肌タイプチェック診断でご自身の肌タイプを理解した上で、スキンケアを見直してみませんか?

Not Found
タイトルとURLをコピーしました