乾燥&マスクで肌トラブル続出!コロナ禍のお悩みを大調査!

スキンケア

お肌の乾燥が気になる季節。コロナ禍により日常的にマスクをつける機会が増え、肌荒れなどの肌悩みが増加した方が多いといわれています。今回はモニター309名に乾燥とコロナ禍でのお肌の変化について調査を実施しました。

◆調査日:2020年11月11日(水)〜2020年11月17日(火)
◆調査方法:モニターアンケート(n=309)
◆調査対象:女性304名、男性3名、不明2名

乾燥に関する意識調査

乾燥はお肌の大敵。ケアを怠ると様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。そこで、モニターさんに普段行っている乾燥対策について伺ってみました。

お肌の乾燥と実践している対策は?

「お肌の乾燥を感じることはありますか?」という質問に対し、「ある」と答えた方が97%と多くの方が乾燥のお悩みを感じているという結果に。特に乾燥を感じる箇所は口もとが1位、次いでお顔全体、目もととなりました。

また、「乾燥対策を行なっていますか?」という質問には9割の方が「はい」と回答。

具体的にどのような乾燥対策を行なっているかを伺ったところ、「毎日のスキンケア」「保湿力の高いスキンケアの使用」「化粧水をたっぷり使用」といったスキンケアに重点をおいた対策をされている方が目立ちました。

マスク着用で肌悩み増加!?コロナ禍でのお肌の変化は?

コロナ禍で外出時にマスクを着用する機会が増えた方も多いのではないでしょうか?乾燥だけではなく、マスクの着用による肌悩みにどのような変化があったかをモニターさんに質問しました。

マスク着用によってお肌の状態に変化はあった?

「マスクをする機会が増えたことでお肌の状態に変化がありましたか?」と伺ったところ、なんと8割以上の方が「変化があった」と回答しました。

さらに「具体的にどのような変化があったか?」という質問には、6割の方が「乾燥しやすくなった」「肌荒れするようになった」という結果に。

マスクの着用により、お肌がダメージを受け、バリア機能が低下するといわれています。肌荒れだけではなくお肌の乾燥も起こりやすくなるため、コロナ禍は特に念入りな保湿ケアが必要です。

新型コロナウイルスの流行による意識の変化

マスクの着用が増えたほか、外出を控えるようになり、家にいる時間が長くなったという方も多いのではないでしょうか。それにより、これまでと生活スタイルが変化したという声も耳にします。

新型コロナウイルスの流行により、流行前後で重要視するようになったものとしなくなったものを調査してみました。

重要視しなくなったものとして、3割の方が「流行前後で変化はない」と回答しているものの、同じく3割の方が「メイク」を重要視しなくなった、7割の方が「スキンケア」を重要視するようになったと回答しました。

外出が減ったことにより、「メイク」や「ファッション」といった外見よりも、「スキンケア」や「食事」など、美容や健康を意識する人が増加したといえます。

皆さんはいかがでしょうか?

Not Found
タイトルとURLをコピーしました